ミズノの新商品、「ウォーキング活動量計 M55」の取り扱いを開始しました。

この活動量計は、医学博士の青柳幸利先生の「中之条研究」をもとに
病気の予防に役立つ
「ウォーキングのやりかた」
「自己管理」できるように
開発されました。

病気予防に役立つウォーキングは、ただ歩数を歩くというよりも
「量」=「歩数」「質」=「活動強度」の両方が重要です
。 


(クリックすると大きな画像が表示されます)


私もさっそくこの活動量計を利用していますが、
1日の歩数と中強度で何分歩いているかがひと目でわかるので
とても使いやすいです。

午前中や午後など、何回か、歩数と中強度の累計時間をチェックして
「もう少し早歩きで歩こう」というふうに利用しています。

歩数と共に「中強度の活動時間」が表示されるので、
「ウォーキングの質」がすごく意識しやすくなりました。

みかわやでは、各館で「ウォーキング活動量計M55」を展示、販売しています。

ぜひ、実物をお手にとってご覧になってみてください。